月別アーカイブ:2020年04月

2020/5/4

女40歳、人生半ばにして自分探し映画『食べて、祈って、恋をして』(2010)

  贅沢な女だなあ… 人生半ばにして自分探しの旅ができるとは!   こんな人におすすめ   ・特に女性で離婚を経験し人生に疲れている   ・「これからどう生きるか」のヒントがほしい   ・生きている、というエネルギーを取り戻したい   ・旅好き(特にイタリア、インド、ローマ)   ・主演のジュリア・ロバーツが好き   見どころ   ・主演のジュリア・ロバーツは『プリティ・ウーマン』(1990)で一世風靡。それ以降、数 ...

2020/4/27

動画配信|20世紀ビジネスの歴史を振り返られる1本「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (2016)

総評   20世紀という時代を築いた『マクドナルド』 新しい時代を作り上げたビジネスの誕生秘話から「次の時代」を考える   感想   時代が変わる今、時代の転換期とはどういうことなのか、ビジネスの視点から歴史を振り返られる1本。   1954年、マクドナルドの出現は、まさに新たな時代が始まることを意味していた…   誰がどんな風に、ハンバーガー帝国を築きあげたのか? 新しいビジネスのやり方で新しい時代が作られていく様が、そして人間模様が、アメリカを舞台に、 ...

2020/5/12

コロナ感染予見映画『コンテイジョン』(2011)【パンデミックを俯瞰】

総評   ウィルス感染の様子がリアルで、恐怖をあおがれる一方、 その時のシュミレーションできるので観る価値はある   その時、何に注目するべき?   本作を観ることである程度シュミレーションできるので、新型ウィルスによる先が見えない不安を少しは解消できます。 特に、政治、WHO、ワクチン(製薬会社)、メディア(情報)、お金が、どのようにからんで進んでいくのか、は参考になります。   注目点 ・ワクチン製造(WHO、製薬会社、政治とお金)は? ・ロックダウンによる治安 ...

2020/4/21

映画の楽しみ方|ロバート・ゼメキス監督『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94年)

こんな人に観てほしい   ・映画を観る力を試したい ・映画における時代の描き方・・・『アメリカの60~70年代の激動の時代とは?』 ・映画の恐ろしい一面を知りたい ・ロバート・ゼメキス監督に興味がある   あらすじと簡単な前知識   本作はアカデミー賞6部門受賞作。主演のトム・ハンクスは2年連続で主演男優賞を獲得するという快挙を成し遂げます。当時は映画として、それほど人気もあり、特にアメリカ人にとっては感動作でした。   舞台は60年代のアメリカ。知恵遅れの主人公フ ...

2020/4/16

映画企画開発費の作り方・JLOD受諾から補助金が下りるまで/感想と評価

  2019年度、経産省のJLOD「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金」を受諾しました。オリジナルの日本発コンテンツを海外展開する際の諸費用に対する補助金です。   おもに海外展開をみすえた映画の企画開発における諸費用にあてがうことができました。企画開発費が対象となる補助金は日本としては非常に画期的です。 難点は対象経費の半額だけ。 ただ条件さえあえば制作物も対象になり形が残るので、この補助金を使うことを視野にいれれば動かずに止まっている企画を少しでも具体的に進めるきっかけ ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5