コメディ

2020/6/8

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004) さえない毎日でゾンビ化していませんか?

  こんな人におすすめ   ・ゾンビ映画の金字塔『ドーン・オブ・ザ・デッド』(ゾンビの父・ジョージ・A・ロメロ監督)のパロディー版   ・パロディーとはいえ、イギリス特有のブラックユーモアがたっぷり   ・2004年、イギリスで大ヒットしアメリカでも話題に。日本では未公開だったが2019年についに公開。根強い人気がある。   ・本作をきっかけに、主演のサイモン・ペグはジョージ・A・ロメロ監督『ランド・オブ・ザ・デッド』(2005年)にカメオ出演をなす &n ...

2020/5/8

仕事に行き詰まりを感じる人必見。人生軌道修正・映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014)

  自分のやりたかったことを見つめなおす!   こんな人におすすめ   ・ビジネスだからと、数字に囚われ自分を見失っている人   ・ゼロから再出発し、本来あるべき人生を取り戻したい   ・食べること、グルメ好き →マイアミ、ニューオリンズ、オースティンのアメリカ地方料理を堪能できるロードムービー   ・マイアミ、キューバ、ラテン音楽好き   ・フードトラック(移動販売)に興味がある   ・ラテンのテンポとノリ、アメリカの軽いエ ...

2020/4/21

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』感想|評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

総評 久しぶりに、テリー・ギリアム節がさく裂!! 奇想天外さで真をつく難解さを楽しめるかどうか   映画の背景   「構想30年、企画とん挫9回」だの 「呪われた企画」だの、 宣伝にとっては非常に好都合! いわくつきの映画、というだけで 映画ファンなら 心がめちゃくちゃ揺さぶられます。 映画を作る側は 「企画とん挫9回」に、 励まされること間違いない! ただし、実際に映画を観ると 「構想30年、企画とん挫9回」も 仕方ないと思わせる内容… さすが、 鬼才と呼ばれるだけあります。 まった ...

2020/4/21

『ジョジョ・ラビット』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★★ excellent! 必見

『ジョジョ・ラビット』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★★ excellent! 必見 第92回アカデミー賞®脚色賞受賞 総評 ★★★★★ excellent! 必見 子供目線で、ユーモアたっぷりに、そしてとても辛らつに 第二次世界大戦の悲惨さが描かれ、その演出に感服   鑑賞理由   戦争映画をポップにユーモアたっぷりに描こうとする そのアイデアと音楽のチョイスに惹かれました。   映画の背景   アカデミー賞®前哨戦として有名な トロント国際映画祭・観客賞を受賞! ...

2020/4/21

韓国映画「パラサイト 半地下の家族」感想 (ネタばれギリギリ)|評価 ★★★★☆Very Good! 観る価値あり

『パラサイト 半地下の家族』評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり 総評 格差社会の漫画のような風刺に笑った先から ぞっとする風景が見えてくる 祝!第92回 アカデミー賞©(2020年)作品賞、監督賞、脚本賞、外国映画賞、受賞 ハリウッド映画の賞レースが、とうとう外国映画、 それもアジア映画に最高賞を贈ったことに、拍手を心から贈ります。 鑑賞理由   2019年5月、カンヌ国際映画祭パルムドールを 韓国映画が初めて輝くという知らせに 衝撃が走ったと同時に心が躍った! アジア勢が2年 ...

2020/4/21

『クレイジー・リッチ!』(2018)感想|評価 ★★★☆☆ Good! 観る価値あり

『クレイジー・リッチ!』評価 ★★★☆☆ Good! 観る価値あり 総評 アジア人だけのハリウッド映画が興行1位をとった革命的映画。 内容は"シンデレラストーリー2018、アジア版”。金持ちの饗宴ぶりが笑えます。   鑑賞理由   かの映画評論家・町山智浩氏が、この映画を 絶賛していました。 アジア人だけのハリウッド映画が 2週連続興行成績1位を獲得した、 革命的映画! 確かに、今までハリウッド映画は 原作ものでアジア人が主人公でも 白人の俳優が主人公に抜擢されていました。 アジア人の ...

2020/4/21

沖縄映画『ココロ、オドル』感想|評価 ★★★☆☆good! 見る価値あり

沖縄映画『ココロ、オドル』感想|評価 ★★★☆☆good! 見る価値あり 総評 “沖縄映画”という新たな分野が確立された予感を味わえます。 沖縄の人にしか撮れない映画です。   鑑賞理由   短編『こころ、おどる –Kuerama Blue–』を観ていたので それが長編として、どう作られたのか興味がありました。 また、主演の尚玄氏、監督の岸本司氏も 挨拶をさせてもらっています。 特に岸本監督は沖縄という地にこだわり 沖縄で映画を作り続けている数少ない監督です。 俳優の尚玄氏は、英語がペ ...

2020/4/21

Netflixオリジナル・米映画『いつかはマイベイビー』評価 ★★★☆☆ Good! 観て損なし

『いつかはマイベイビー』評価 ★★★☆☆ Good! 観て損なし 総評 アジア系アメリカ人が主人公のラブコメディ。 アジアンならではのブラックユーモアが新鮮で面白い!   鑑賞理由 Netflixのホームページで、 ひときわ地味でどこにでもいるようなアジア人の女性が カップルとして幸せそうにしている画が目立ち、 思わずクリックしてしまいました。 アジアンカップルのラブコメディ、という異色なスペックに 驚きと、アメリカの“白人至上主義の業界”で ここまでアジアンが市民権を得たのかという感慨深さがあ ...

2020/4/21

『麻雀放浪記2020』感想|評価 ★★☆☆☆ ガッカリ!

評価  ★★☆☆☆ ガッカリ   総評 斎藤工構想10年×白石和彌監督の皮肉をこめたコメディ映画 皮肉はわかるが笑えない上、ゴチャゴチャな展開に思考停止に陥る   ジャンル SFコメディ/リバイバル 鑑賞理由 東映×白石監督のリバイバルものであり 前作「孤狼の血」が良かったので、まず興味がわきました。 ただ、“コメディもの”が、白石監督でイメージがわかず、 引っかかっていたのと予告編を見ても わざわざ映画館で観るようには思えませんでした。 ただ、映画制作者から、全編 iPoneで撮影さ ...

2020/4/21

『翔んで埼玉』これぞ究極の地域映画?!感想|★★★★☆ very good

評価 ★★★★☆ Very good! 総評:くだらなさだけを期待して観るべし! 鑑賞理由   まさかの興行1位に驚き、 その理由を求めて、急いで映画館にて鑑賞。   映画館の様子 本作の配給と製作である東映のメイン館、丸の内TOEI、16:00からの回、 レディースデイ。 メイン館のわりに空席が目立ちました。 学生を筆頭に若い人、20代が想定外に少ない… 興行一位の話題作、漫画原作で、本日はレディースデイ。 作品のメイン館であろう映画館が賑わっていません。 満員で当日券は取れないかも ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5