旧作・おすすめ作品

2020/7/2

『めぐりあう時間たち』(2002) 人生を思う時、あなたは何を選ぶのか

小説『ダロウェイ夫人』でつながりあう時代を越えた女性3人の「ある1日」   こんな人におすすめ   ・世間的に、人並みな暮らし、に心を満たされないでいる   ・小説『ダロウェイ夫人』、著者ヴァージニア・ウルフに興味がある   ・自分が本当に求める幸せとは?   ・生きるに困らない、優しい夫や子供から愛されている、ごく普通の家庭にも恵まれている… だが、このままの人生で、いいのだろうか、と疑問に思うことがある   ・人は誰のために生きるのか? &n ...

2020/6/8

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004) さえない毎日でゾンビ化していませんか?

  こんな人におすすめ   ・ゾンビ映画の金字塔『ドーン・オブ・ザ・デッド』(ゾンビの父・ジョージ・A・ロメロ監督)のパロディー版   ・パロディーとはいえ、イギリス特有のブラックユーモアがたっぷり   ・2004年、イギリスで大ヒットしアメリカでも話題に。日本では未公開だったが2019年についに公開。根強い人気がある。   ・本作をきっかけに、主演のサイモン・ペグはジョージ・A・ロメロ監督『ランド・オブ・ザ・デッド』(2005年)にカメオ出演をなす &n ...

2020/6/2

『エターナル・サンシャイン』(2004) 恋愛の答えがここにある!

恋愛は当人しか通じえない不確かだが絶対的なものがある。それは壊れるのか、それとも永遠に続くのか…   こんな人におすすめ   ・恋が終わり、忘れられない愛おしい記憶に苦しんでいる人   ・恋愛映画の最高傑作として呼び声が高い。個人的にも本作は最高傑作としてイチオシ   ・恋愛にどう向き合っていけばいいのか、究極の答えがここにある!   ・本作をきっかけに「記憶」「脳内」をテーマにした映画がはやる   ・脚本家チャーリー・カウフマンは、『マルコヴィ ...

2020/5/29

『スノーデン』(2016) デジタルな監視社会に個人の自由・尊厳はあるのか?

GAFAの巨大化でアメリカの支配下は今も変わらない?!   こんな人におすすめ   ・2013年、世界が激震した「スノーデン事件」。彼が暴いたアメリカ政府の「大量監視システム」とは?   ・GAFAを筆頭にメジャーなSNSはすべてアメリカ企業。つまりアメリカが管轄する法の下の管理におかれる。すべての個人情報はアメリカに流れるという噂は本当だった。その真相を知りたい!   ・対テロ戦争に志願するほどの愛国青年が国を裏切る。若干29歳の心の葛藤とは?   ・国 ...

2020/5/14

フィギアスケート界・襲撃事件の真相『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』( 2017)

  悪名高いトーニャの壮絶な生い立ちに不屈の精神が見えてくる。彼女は悲劇のヒロインだったのか?!   こんな人におすすめ   ・フィギア界・世紀のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の真相を知りたい →リレハンメル五輪の座をかけた全米選手権前夜、ナンシーは暴漢に膝を殴打され欠場。トーニャ・ハーディングが優勝し五輪の切符を手にする。   犯人は、優勝したトーニャの元夫とその一味と判明 →元夫の証言により主犯の容疑がトーニャに向けられる →トーニャは五輪出場するも ...

2020/5/8

仕事に行き詰まりを感じる人必見。人生軌道修正・映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014)

  自分のやりたかったことを見つめなおす!   こんな人におすすめ   ・ビジネスだからと、数字に囚われ自分を見失っている人   ・ゼロから再出発し、本来あるべき人生を取り戻したい   ・食べること、グルメ好き →マイアミ、ニューオリンズ、オースティンのアメリカ地方料理を堪能できるロードムービー   ・マイアミ、キューバ、ラテン音楽好き   ・フードトラック(移動販売)に興味がある   ・ラテンのテンポとノリ、アメリカの軽いエ ...

2020/5/5

人類覚醒の時が来た?!赤い薬と青い薬 どちらを選ぶ?『マトリックス』(1999)

  公開から20年、現実が『マトリックス』の世界を帯びてきている?! 最強の敵、エージェント・スミスとは?? 赤い薬と青い薬、どちらを選ぶ?   こんな人におすすめ   ・現実の世界に違和感を感じている   ・社会システムに疑いを持ち始めた!   ・AIがメジャーになってきた今こそ、やっと理解できる”AIと人間との戦い”   ・99年に公開後、近未来SF映画の金字塔と言わしめた作品 →その後、多くの映画に影響を与えたワイヤーアクション、スタイリッ ...

2020/5/4

女40歳、人生半ばにして自分探し映画『食べて、祈って、恋をして』(2010)

  贅沢な女だなあ… 人生半ばにして自分探しの旅ができるとは!   こんな人におすすめ   ・特に女性で離婚を経験し人生に疲れている   ・「これからどう生きるか」のヒントがほしい   ・生きている、というエネルギーを取り戻したい   ・旅好き(特にイタリア、インド、ローマ)   ・主演のジュリア・ロバーツが好き   見どころ   ・主演のジュリア・ロバーツは『プリティ・ウーマン』(1990)で一世風靡。それ以降、数 ...

2020/4/27

動画配信|20世紀ビジネスの歴史を振り返られる1本「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (2016)

総評   20世紀という時代を築いた『マクドナルド』 新しい時代を作り上げたビジネスの誕生秘話から「次の時代」を考える   感想   時代が変わる今、時代の転換期とはどういうことなのか、ビジネスの視点から歴史を振り返られる1本。   1954年、マクドナルドの出現は、まさに新たな時代が始まることを意味していた…   誰がどんな風に、ハンバーガー帝国を築きあげたのか? 新しいビジネスのやり方で新しい時代が作られていく様が、そして人間模様が、アメリカを舞台に、 ...

2020/5/12

コロナ感染予見映画『コンテイジョン』(2011)【パンデミックを俯瞰】

総評   ウィルス感染の様子がリアルで、恐怖をあおがれる一方、 その時のシュミレーションできるので観る価値はある   その時、何に注目するべき?   本作を観ることである程度シュミレーションできるので、新型ウィルスによる先が見えない不安を少しは解消できます。 特に、政治、WHO、ワクチン(製薬会社)、メディア(情報)、お金が、どのようにからんで進んでいくのか、は参考になります。   注目点 ・ワクチン製造(WHO、製薬会社、政治とお金)は? ・ロックダウンによる治安 ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5