月別アーカイブ:2020年10月

2020/10/17

『アダプテーション』(2002) もうひとりの自分が理想の自分として現れアダプテーションされる?!

  ❝蘭に魅せられ男❞にアダプテーション(適応)していく原作者の様子を脚本家を通じてアダプテーション(脚色)していく物語   こんな人におすすめ   ・『マルコヴィッチの穴』で成功を収めた脚本家、チャーリー・カウフマン本人を主人公にした物語。監督は『マルコヴィッチの穴』に続きスパイク・ジョーンズだ →次回作の執筆に苦しむ脚本家として本人役として登場 →できれば、『マルコヴィッチの穴』を観てから本作を観ることをお勧めします   ・脚本家自身が自分を設定するキャラクター ...

2020/10/13

『マルコヴィッチの穴』(1999) ❝有名人の頭の中から世界をのぞいたら?❞【発想の特異さ】魅力

  倒錯された世界に人間の欲・本能が目覚めてゆく   こんな人におすすめ   ・映画ならではの、奇想天外な物語が好きな人 →他人の、それも実在の個性的な名優であるジョン・マルコヴィッチの脳の中に15分だけつながる穴から、ジョンの立場になって世の中を経験できる、という物語 →マルコビッチ本人が本人役として登場   ・当時、コミカル&キューティで大人気の女優キャメロン・ディアスが汚れ役、同性愛者に目覚める役として登場 →その夫役、ジョン・キューザックも、さえない人形遣い ...

2020/10/10

『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(1986) 一生に一度ぐらい、溺れる恋愛をしてみたい

  常軌を逸していく女と男の愛情に激しく動揺しながら共感してしまう   こんな人におすすめ   ・人間の奥底に眠る、自分ではコントロールできない本能、潜在意識がゆさぶられる   ・公開当時1987年、センセーショナルな内容と映像で、口コミから世界的に大ヒットへ →これほど好き嫌いが分かれる映画はない →日本でも、はまる人が続出 →こんな恋愛の方が実はリアルかも?! →個人的に本作がきっかけで、分かりやすいハリウッド映画からフランス映画に大きく趣向が変わる &nbsp ...

2020/10/2

『ボーン・アルティメイタム』(2007) ボーン3部作 完結 /ボーンの誕生秘話が明らかになったその先は…?

  過去を知って初めて、あるべき自分が見えてくる   こんな人におすすめ   ・ボーンシリーズ3部作❝CIA特殊工作員&記憶喪失サスペンス❞完結編 →ロバート・ラドラム原作のジェイソン・ボーンシリーズ最終章 →タイトル❝アルティメイタム❞とは「最後通告」という意味   ・最後を観ずしてボーンシリーズは語れない! →とうとう、やっと、ボーンの過去が明らかにされる   ・CIAによる❝トレッド・ストーン計画❞の首謀者が亡くなり闇の中に…しかし発展版「ブラックブ ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5