恋愛

2020/7/2

『めぐりあう時間たち』(2002) 人生を思う時、あなたは何を選ぶのか

小説『ダロウェイ夫人』でつながりあう時代を越えた女性3人の「ある1日」   こんな人におすすめ   ・世間的に、人並みな暮らし、に心を満たされないでいる   ・小説『ダロウェイ夫人』、著者ヴァージニア・ウルフに興味がある   ・自分が本当に求める幸せとは?   ・生きるに困らない、優しい夫や子供から愛されている、ごく普通の家庭にも恵まれている… だが、このままの人生で、いいのだろうか、と疑問に思うことがある   ・人は誰のために生きるのか? &n ...

2020/6/2

『エターナル・サンシャイン』(2004) 恋愛の答えがここにある!

恋愛は当人しか通じえない不確かだが絶対的なものがある。それは壊れるのか、それとも永遠に続くのか…   こんな人におすすめ   ・恋が終わり、忘れられない愛おしい記憶に苦しんでいる人   ・恋愛映画の最高傑作として呼び声が高い。個人的にも本作は最高傑作としてイチオシ   ・恋愛にどう向き合っていけばいいのか、究極の答えがここにある!   ・本作をきっかけに「記憶」「脳内」をテーマにした映画がはやる   ・脚本家チャーリー・カウフマンは、『マルコヴィ ...

2020/5/4

女40歳、人生半ばにして自分探し映画『食べて、祈って、恋をして』(2010)

  贅沢な女だなあ… 人生半ばにして自分探しの旅ができるとは!   こんな人におすすめ   ・特に女性で離婚を経験し人生に疲れている   ・「これからどう生きるか」のヒントがほしい   ・生きている、というエネルギーを取り戻したい   ・旅好き(特にイタリア、インド、ローマ)   ・主演のジュリア・ロバーツが好き   見どころ   ・主演のジュリア・ロバーツは『プリティ・ウーマン』(1990)で一世風靡。それ以降、数 ...

2020/4/21

『Red』感想(ネタばれ)|評価 ★★★☆☆ Good

総評 他人ごと、としては大げさ!たかが不倫!! 自分ごと、としては自分に嘘はつけない、その代償はでかい   映画の背景   直木賞作家・島本理生が原作、 「幼な子われらに生まれ」や 「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子監督。 主な作り手が女性であることが この映画の特徴。   キャスティング   なぜ、この主人公が夏帆なのかーーーー。 そこが一番の疑問点。 幸が薄そう、だからか。 劇中、柄本佑演じる会社の同僚が 正確には覚えてないが、 彼女には孤独がただよう、と ...

2020/4/21

Netflixオリジナル『マリッジ・ストーリー』感想|評価 ★★★★★ excellent! 必見

『マリッジ・ストーリー』評価 ★★★★★ excellent! 必見 総評 ある夫婦の離婚劇を過剰なまでにリアルに描かれる 夫婦の愛が変わり、家族が壊れる様はとても切ない   鑑賞理由   公開、配信された当初は ある夫婦の離婚劇というストーリーに 今さら?と地味な印象をおぼえ 特に観たい気はしませんでした。 ただ、夫婦を演じる俳優たちが 単純に面白いかけわせで、 キャストにお金をかけている印象。 さすがNetflixオリジナル作品です。 特に夫役を演じたアダム・ドライヴァーは 時の人 ...

2020/4/21

『寝ても覚めても』'18カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出|評価★★★☆☆ good!

評価★★★☆☆ good! 総評 単純な設定のようで深いのか。恋愛は幻想のような他者に翻弄される。 それをロマンという言葉で語ったらあまりに勝手だ   鑑賞理由   濱口監督の前作、映画「ハッピーアワー」(2015)は 5時間17分、という前代未聞の長時間映画であり、 かつ、市民参加の『即興演技ワークショップ in Kobe』から生まれ 有名な俳優さんが出ていません。 それにも関わらずロングランヒットを飛ばしました。 4人の女性が主人公で、長時間にもかかわらず あっという間に思えるほど ...

2020/4/21

『アリー /スター誕生』感想 | ★★★☆☆ good

評価 ★★★☆☆ good! 総評: 語り継がれたストーリー、王道のハリウッド映画 ブラッドリー・クーパーの魅力とガガ様の歌唱力が圧巻   鑑賞理由   第91回アカデミー賞8部門ノミネートされました。 作品賞を含め、主演のふたりが共に主演女優賞、主演男優賞にノミネート。 レディー・ガガの演技力がある程度評価されたことを受け、とても興味をおぼえ、 アカデミー賞授賞式前に急いで観に行きました。   映画館の様子   本作は12月21日公開。 2月の時点で東京では渋谷と ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5