月別アーカイブ:2019年03月

2019/4/3

補助金″J‐LOD”公募スタート|コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金

海外発信を想定する映像コンテンツに対する補助金の 説明会に行ってきました。 補助金上限は1社につき3000万円!(補助対象額6000万円) 当てはまりそうな企画をお持ちの方はぜひ、 挑戦してみてください。 感想:応募条件に企画をあてはめて申請すれば受託の可能性大 『1度却下されても、何度でもトライ可能』がミソ!   補助金の概要   この補助金は経産省の30年度補正予算によるもので、 『海外展開を目指すコンテンツの企画・開発として試作映像などを制作する』 事業者に対して補助金を交付され ...

2020/4/21

『狐狼の血』感想| ★★★★☆ 観る価値あり!

評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり 総評 ひさびさに昭和に生きた人々の煮えたぎるマグマを感じられ 仁義なき抗争劇に熱くなれる!   鑑賞理由   昭和を舞台にしたヤクザ映画、と聞いて、 “今さらなんで?”感が強く 公開された当時は、興味がまったくわきませんでした。 (実際は警察小説ですが、 映像からそんな風にはまったく見えません…) ところが、日本アカデミー賞で 主演男優賞は役所広司、 助演男優賞が松坂桃李が本作で受賞。 授賞式の様子を観ていて、 役所広司と松坂桃李の ...

2020/4/21

『運び屋』クリント・イーストウッド監督 感想|★★★☆☆ good

評価 ★★★☆☆ good! 総評 88歳のイーストウッドだから語れるストーリー リアルに人生というものを考えさせられる   鑑賞理由   クリント・イーストウッド作品というだけで できるだけ映画館で鑑賞しています。 88歳にして現役の彼にエールを送るために、 何より、その姿が励みになるため観に行っています。   映画館の様子   3月13日、新宿ピカデリー、シアター1(580席)、13:55~の回。 公開後、1週目の平日です。 内容からか、ご年配の方が非常に目立っ ...

2020/4/21

『THE GUILTY/ギルティ』感想|★★★★★ excellent! 必見

評価 ★★★★★ excellent! 必見 総評:ワンシチュエーションという新しいくくりで 映画を撮り切った新しい才能に拍手   鑑賞理由   映画関係者の方から薦められました。 「非常に低予算で作られている、脚本も素晴らしく成功している、 何より、音だけでストーリーが進むので、映画館で観たほうがいい」   映画館の様子   新宿武蔵野館にて、3月14日(レディースデイ)、16:30~の回。 定員約80名のミニシアター、ほぼ満員でした。 おそらく、映画好きの方々な ...

2019/4/1

インディペンデント映画の現状「独立映画鍋」について

独立映画鍋をご存知ですか? 正式名は「特定非営利活動法人独立映画鍋」です。 どんな組織か、ごく簡単にいうと、 インディペンデント映画に携わる映画人のためのユニオンです。 もっとなじみある言葉でいうと 意味合いは”労働組合”に近いです。 具体的には、相互扶助と社会(公的機関)に対して 政策提言をするための組織です。   組織立ち上げの背景 今から7年前、 日本のメジャー映画(大手映画会社が手掛ける映画)と そのほかの映画(ここでは主にインディペンデント映画)の二極化が 激しくなりました。 その背景 ...

2020/4/21

『グリーンブック』第91回アカデミー賞®作品賞受賞 感想 |★★★★☆

評価 ★★★★☆ Very good ! 映画館で観る価値あり 総評:人種差別を扱った映画にしては、最後は温かい気持ちになれる作品 実話をベースに描かれていることで、より深みが増します   鑑賞理由   アカデミー賞®の最高賞と言われる作品賞を受賞した、という理由のみ。 注目された「ROMA/ローマ」に軍パイが上がらなかった理由を 確かめたかったからです。   映画館の様子   レディースデイ、TOHOシネマズ新宿、12:35の回にて鑑賞。 50代以上の女性が多いが ...

2020/4/21

『翔んで埼玉』これぞ究極の地域映画?!感想|★★★★☆ very good

評価 ★★★★☆ Very good! 総評:くだらなさだけを期待して観るべし! 鑑賞理由   まさかの興行1位に驚き、 その理由を求めて、急いで映画館にて鑑賞。   映画館の様子 本作の配給と製作である東映のメイン館、丸の内TOEI、16:00からの回、 レディースデイ。 メイン館のわりに空席が目立ちました。 学生を筆頭に若い人、20代が想定外に少ない… 興行一位の話題作、漫画原作で、本日はレディースデイ。 作品のメイン館であろう映画館が賑わっていません。 満員で当日券は取れないかも ...

2020/4/21

『女王陛下のお気に入り』第91回アカデミー賞主演女優賞 感想 | ★★★☆☆ good

評価 ★★★☆☆ good ! 総評:豪華絢爛な宮廷世界のお話 陛下の寵愛を2人の女が奪い合う滑稽さに冷笑しっぱなし   鑑賞理由 数々の有名なアワードで賞を取りまくっている作品。 面白いのは、ヴェネチア国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞で 主演女優賞を取っています。 そしてアカデミー賞では9部門で10ノミネートされ 主演女優賞を見事、獲得しました。 映画館で主演女優賞の演技を鑑賞してきました。   映画の背景 18世紀イングランドの宮廷が舞台。 面白いのは、イギリスの話なのに、 監督 ...

2020/4/21

『サムライマラソン』感想| ★★☆☆☆ がっかり

評価 ★★☆☆☆ 非常に残念 総評: 形式や枠をすべて取り払った時代劇の新境地、なのか… 新しいことに挑戦するプロデューサーの勇気に星2つ   鑑賞理由 本作は企画の時点から知っていました。 その後、どうなったのかとても気になっていた作品です。 なにせ、原作は「超高速!参勤交代」の土橋章宏氏「幕末まらそん侍」、 プロデューサーは中沢敏明氏とジェレミー・トーマス氏、 アカデミー賞外国語映画賞に輝いた「おくりびと」、 海外で人気を得た「十三人の刺客」など、海外をマーケットに 映画づくりをしている映画 ...

2020/4/21

『七つの会議』感想|★★★★☆ very good!

評価★★★★☆ Very Good! 会社員なら誰もが身に染みる社会問題を提起 慣習がはびこる日本の組織体制下で「あなたなら、どうするか」を問われる   鑑賞理由   池井戸 潤原作「七つの会議」、野村萬斎主演、東宝配給で完全映画化。 同じようなスペック映画、東宝配給、東野圭吾原作「マスカレードホテル」、 木村拓哉主演、の次に仕掛けてきた話題作。 どちらも、ベストセラー作家の原作もの、実力派の人気俳優が主演。 観客のターゲット層は違うものの、ヒット間違いなしの太鼓判を押された作品。 個 ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5