★★★☆☆ good!

times square

2020/4/21

アカデミー賞©メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞作『スキャンダル』評価 ★★★☆☆ good!

『スキャンダル』原題 BOMBSHELL 評価 ★★★☆☆ good!   総評   権力をかざしたセクハラ行為はもちろん罰するべき。一方で しょせん野心もプライドも高い人たちの騒動にも見える   映画の背景 視聴率1位、共和党全面支持のFoxニュース。   2016年、テレビ界、政治界を牛耳る帝王を相手に、有名ベテランキャスターがセクハラで提訴。同様に、ライバルであり花形人気キャスターもセクハラを受けていたと告白。   全米を騒がす大スキャンダルに発展し ...

2020/4/21

『Red』感想(ネタばれ)|評価 ★★★☆☆ Good

総評 他人ごと、としては大げさ!たかが不倫!! 自分ごと、としては自分に嘘はつけない、その代償はでかい   映画の背景   直木賞作家・島本理生が原作、 「幼な子われらに生まれ」や 「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子監督。 主な作り手が女性であることが この映画の特徴。   キャスティング   なぜ、この主人公が夏帆なのかーーーー。 そこが一番の疑問点。 幸が薄そう、だからか。 劇中、柄本佑演じる会社の同僚が 正確には覚えてないが、 彼女には孤独がただよう、と ...

2020/4/21

白石和彌監督 映画『ひとよ』感想(ネタばれ)|評価★★★ good!

『ひとよ』評価 ★★★☆☆ good! 総評|状況設定が酷すぎて、とにかく苦しいが 家族はどんな状況に陥っても、家族なんだと思い知らされる 鑑賞理由 邦画界で勢いのある、白石和彌監督。 底辺で生きざるを得なくなった人を 描き続けています。 本作は、どん底に陥った"家族”の再生物語。 原作の著者は劇作家・桑原裕子氏。 注目をしている監督が撮った作品です。 キャスティング 田中裕子氏筆頭に、 実力者が勢ぞろいしているキャストに 制作陣の心意気を感じます。 母親が父親を殺す、という事件により 心に傷を負った3兄 ...

2020/4/21

深田晃司監督×筒井真理子主演『よこがお』感想|評価 ★★★☆☆ Good!(ネタばれ) 

深田晃司監督×筒井真理子主演『よこがお』評価 ★★★☆☆ Good! 総評 善人の復讐劇を、深田晃司監督がどう描くのかが見どころ。 人間であれば誰しもが持つ闇や孤独の物語。   鑑賞理由   深田晃司監督の「歓待」を観た時の衝撃と 監督としての才能に魅せられて以来、 彼の作品には注目しています。 本作は、映画『淵に立つ』のヒロインである、 筒井真理子氏が、主役を務めます。 恥ずかしながら映画『淵に立つ』まで、 彼女の存在を知りませんでした。 本作は、監督が彼女の、よこがお、に魅せられ、 ...

2020/4/21

沖縄映画『ココロ、オドル』感想|評価 ★★★☆☆good! 見る価値あり

沖縄映画『ココロ、オドル』感想|評価 ★★★☆☆good! 見る価値あり 総評 “沖縄映画”という新たな分野が確立された予感を味わえます。 沖縄の人にしか撮れない映画です。   鑑賞理由   短編『こころ、おどる –Kuerama Blue–』を観ていたので それが長編として、どう作られたのか興味がありました。 また、主演の尚玄氏、監督の岸本司氏も 挨拶をさせてもらっています。 特に岸本監督は沖縄という地にこだわり 沖縄で映画を作り続けている数少ない監督です。 俳優の尚玄氏は、英語がペ ...

2020/4/21

『 旅のおわり世界のはじまり』黒沢清監督×前田敦子主演 感想|評価★★★☆☆ good!

『 旅のおわり世界のはじまり』感想|評価★★★☆☆ good! 総評 ウズベキスタンと前田敦子、という異色なかけ合わせに いつの間にか主人公の心情と一体化し、ココロがさまよい始める 鑑賞理由   日本とウズベキスタンとの合作映画で 黒沢清監督×前田敦子主演、の3作目。 黒沢清監督が、ウズベキスタンに以前からとても興味を持っている、という話と 監督が前田敦子に対して並々ならぬ存在感を持つ、 稀有な女優として絶賛している、ことが鑑賞理由です。   映画の背景   この映画は、ウズ ...

2020/4/21

『寝ても覚めても』'18カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出|評価★★★☆☆ good!

評価★★★☆☆ good! 総評 単純な設定のようで深いのか。恋愛は幻想のような他者に翻弄される。 それをロマンという言葉で語ったらあまりに勝手だ   鑑賞理由   濱口監督の前作、映画「ハッピーアワー」(2015)は 5時間17分、という前代未聞の長時間映画であり、 かつ、市民参加の『即興演技ワークショップ in Kobe』から生まれ 有名な俳優さんが出ていません。 それにも関わらずロングランヒットを飛ばしました。 4人の女性が主人公で、長時間にもかかわらず あっという間に思えるほど ...

2020/4/21

『岬の兄妹』感想 評価 ★★★☆☆ good (ただし、後味悪い)

評価  ★★★☆☆ good (ただし、後味悪い) 総評:痛すぎて二度と見たくない現実を突きつけられる 意義のある後味の悪さに気が遠くなる ジャンル:ドラマ   鑑賞理由   インディペンデント映画の配給と製作、 人材育成を積極的に行っているアップリンクの 浅井氏が、「感動した、とてもいい作品だ」と 直接、話を聞いたのが、観るきっかけになりました。 (アップリンクについては公式サイトをご覧ください。) 調べると完全なインディペン映画にもかかわらず 大手シネコンで公開をしていたので そこ ...

2020/4/21

『ビリーブ 未来への大逆転』法廷もの 感想|★★★☆☆good

評価 ★★★☆☆ good 総評 純粋に勇気やエールをもらえる物語 壁にぶちあたり、落ち込んだ時におすすめ   鑑賞理由 たまたま、Youtubeで ドキュメンタリー映画『RBG』のTrailerを 目にしました。 RBG Trailer https://youtu.be/g7gqRY6R_u4 母と同じ歳の80過ぎたおばあさんが トレーナーの元、腕立て伏せを、 それも、まっすぐな姿勢でこなす姿に 目が釘付けになりました。 彼女はいったい何者?? 85歳現役の米国最高裁判所判事!? ここまでやり ...

2020/4/21

『女王陛下のお気に入り』第91回アカデミー賞主演女優賞 感想 | ★★★☆☆ good

評価 ★★★☆☆ good ! 総評:豪華絢爛な宮廷世界のお話 陛下の寵愛を2人の女が奪い合う滑稽さに冷笑しっぱなし   鑑賞理由 数々の有名なアワードで賞を取りまくっている作品。 面白いのは、ヴェネチア国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞で 主演女優賞を取っています。 そしてアカデミー賞では9部門で10ノミネートされ 主演女優賞を見事、獲得しました。 映画館で主演女優賞の演技を鑑賞してきました。   映画の背景 18世紀イングランドの宮廷が舞台。 面白いのは、イギリスの話なのに、 監督 ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5