月別アーカイブ:2020年07月

2020/7/28

『宇宙人ポール』(2010) イギリス人おたくがエリア51で未知との遭遇を果たす!

  イギリス人の米映画おたくの愛はパロディだけでは終わらせない!   こんな人におすすめ   ・『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペグ&ニック・フロストのおたくコンビが贈る第3弾!!!   ・舞台はアメリカ・UFOの聖地"エリア51”。コミコンに参加後、キャンピングカーを借りてUFO聖地巡礼の旅にでかける(設定だけですでに面白い) →世界で最も有名なUFO墜落事件である1947年の「ロズウェル事件」。その事故から生還した唯一のエイリアンの救出劇! &nbsp ...

2020/7/27

『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(2007) できちゃった!相手は最悪な男… あなたならどうする?

計画通りにならないのが人生… そのときどきの覚悟で人生は創られる?!   こんな人におすすめ   ・がちがちに人生設計を立ててる人、ちょっと計画がずれただけでウダウダと弱腰になっている人   ・アメリカで公開初登場第2位、興行成績1億4千万ドル超の大ヒットコメディー   ・当時、アメリカのコメディーをけん引したスタッフによるえげつない笑い、ブラックなセンスが満載   ・大ヒット『40歳の童貞男』のジャド・アパトー監督作品。公開当時、アメリカで若手実力派のコ ...

2020/7/24

『リトル・ダンサー』(2000) バレエ好きな男の子。家族の反対から家族の希望へ

  未来が見えない炭鉱の町で時代に取り残された抗夫たち。子供の夢を希望としてたくす父親に泣ける!   こんな人におすすめ   ・イギリス独特の歴史的背景、音楽、コメディが満載の映画   ・労働者階級の閉塞感に満ちた日常を末っ子のバレエダンサーになる夢に希望をたくす物語  労働者階級→お金に余裕がない  バレエ→お金に余裕のある家庭で女の子がするもの  →労働者階級に生まれた少年が親の反対を乗り越えてバレエダンサーを目指す   ・舞台設定である1984年は、 ...

2020/7/14

『秋刀魚の味』(1962) 小津安二郎監督 遺作 "人生の哀愁”が笠智衆でしみじみと味わい深い

  小津作品定番の"昭和の家族像と人生の切なさと”   こんな人におすすめ   ・小津作品定番、妻を先立たれた男が一人娘を嫁に出すまでの、人生の喜びと悲しみ、老いと孤独を描く。   ・笠智衆だからこそ、人間性からにじみ出る優しさと味わい深い父親像になっている →その演技は秀悦(監督の完璧なまでに計算づくされた演出と構造美が生きている ※以下の番外編映像を参照)   ・1962年(昭和37年)当時の日本。独特の空気感を存分に味わえる   ・戦争の面 ...

2020/7/11

『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017) 【恋愛×ミステリー】 あなたはラストのどんでん返しで腑に落とせるか?

愛憎むきだしでおぼれた果てに待つものは…?!   こんな人におすすめ   ・人間の本質のえげつなさを描く白石和彌監督の「初」の恋愛もの   ・竹野内豊扮する黒崎。ここまでゲス野郎は見たことない!この男から不幸は始まる →女性は黒崎に胸くそ悪くなるので要注意!   ・この黒崎に引き寄せられる女、その女に引き寄せられる男が全員そろってバカばかり!!   ・全員が自分よがりな”愛”や”欲”にまみれ、翻弄されてゆく   ・イヤミス(観た後に嫌な気持ちにな ...

2020/7/20

『日本で一番悪い奴ら』(2016)~成果主義をまっとうした警察官の成れの果て・実話~

「間違いをおかしたことはないんですか?」 成果を求められる社会で生きぬくために、素直がゆえに、危険をおかす     こんな人におすすめ   ・警察、ヤクザ、の裏社会の実態を知りたい   ・人間の持つ闇、そのえげつなさを描く白石和彌監督×綾野剛主演   ・フィクションではなく実話。その説得力。 2002年の北海道警察で起こり「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉事件」。本人が書いた暴露本が原作。 →「そんなバカな!」とリアリティーがないストーリー展開に「 ...

2020/9/19

『恋人たちの予感』(1989) いつまでも色あせない”ロマンチック・コメディ”最高傑作

『男女の友情は成立するか?』永遠のテーマで物語は進む   こんな人におすすめ   ・時代を超えるロマンチック・コメディーの傑作が観たい!   ・主演 メグ・ライアンの魅力爆発! 本作で"元祖・ラブコメディーの女王”が誕生   ・相手役のビリー・クリスタルはコメディアン。コメディ番組の王様「サテデー・ナイト・ライブ」で人気を博す。   ・音楽好きにはたまらない!ジャズの ハリー・コニック・Jr、フランク・シナトラが物語を盛り上げる   ・舞台である ...

2020/7/7

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)3部作 SF&タイムトラベル映画の金字塔・映画好きなら一見の価値あり

アイデア、脚本、構成、ユーモア、人、時代性… そのすべてが映画ならではのエンターテイメントのエッセンスとして凝縮!!    こんな人におすすめ   ・単純に、エンターテイメントとして映画らしい映画を観たい ※難しいことは考えない   ・過去、現代、未来、と行き来する物語性が3部作のシリーズとして、分かりやすくシンプルな形で活きている。   ・1985年、89年、90年公開の3部作あわせて全世界で10憶ドルの興行成績をおさめた超ヒット作とはどんな映画?   ...

2020/10/7

『めぐりあう時間たち』(2002) 人生を思う時、あなたは何を選ぶのか

小説『ダロウェイ夫人』でつながりあう時代を越えた女性3人の「ある1日」   こんな人におすすめ   ・世間的に、人並みな暮らし、に心を満たされないでいる   ・小説『ダロウェイ夫人』、著者ヴァージニア・ウルフに興味がある   ・自分が本当に求める幸せとは?   ・生きるに困らない、優しい夫や子供から愛されている、ごく普通の家庭にも恵まれている… だが、このままの人生で、いいのだろうか、と疑問に思うことがある   ・人は誰のために生きるのか? &n ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5