月別アーカイブ:2020年02月

2020/4/21

『Red』感想(ネタばれ)|評価 ★★★☆☆ Good

総評 他人ごと、としては大げさ!たかが不倫!! 自分ごと、としては自分に嘘はつけない、その代償はでかい   映画の背景   直木賞作家・島本理生が原作、 「幼な子われらに生まれ」や 「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子監督。 主な作り手が女性であることが この映画の特徴。   キャスティング   なぜ、この主人公が夏帆なのかーーーー。 そこが一番の疑問点。 幸が薄そう、だからか。 劇中、柄本佑演じる会社の同僚が 正確には覚えてないが、 彼女には孤独がただよう、と ...

2020/4/21

クリント・イーストウッド監督『リチャード・ジュエル』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

『リチャード・ジュエル』評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり アカデミー賞® 助演女優賞受賞 総評   ありがちな犯人像、あおるマスコミ、面白がる聴衆、 全部そろえば、簡単に容疑者となる様はあまりに陳腐で恐ろしい   映画の背景   1996年のアトランタ爆破事件をもとにした、 イーストウッド監督作品、40作目。 ここ最近、イーストウッドは実話をもとにした 作品を描き続けています。 実話は説得力もあり、 時代性や社会問題を 映画を通じて俯瞰しやすい。 作品をリ ...

2020/4/21

『ジョジョ・ラビット』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★★ excellent! 必見

『ジョジョ・ラビット』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★★ excellent! 必見 第92回アカデミー賞®脚色賞受賞 総評 ★★★★★ excellent! 必見 子供目線で、ユーモアたっぷりに、そしてとても辛らつに 第二次世界大戦の悲惨さが描かれ、その演出に感服   鑑賞理由   戦争映画をポップにユーモアたっぷりに描こうとする そのアイデアと音楽のチョイスに惹かれました。   映画の背景   アカデミー賞®前哨戦として有名な トロント国際映画祭・観客賞を受賞! ...

2020/4/21

ドキュメンタリー『さよならテレビ』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★☆ very good!

ドキュメンタリー『さよならテレビ』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★☆ very good! 総評 ”製作側が自社社員”という縛りと核心を ついているようでついてないところが芯をつき唸らせる 鑑賞理由   ドキュメンタリーに定評のある東海テレビが 自分たちにカメラを向けるという 斬新さと勇気に どんな映像が撮れたのか 純粋に楽しみにしていました。 そこへ初日から映画館が満員という朗報に 押されるようにポレポレ東中野へ 観に行きました。   感想   自社の報道部に目を向けて、 ...

2020/4/21

Netflixオリジナル『マリッジ・ストーリー』感想|評価 ★★★★★ excellent! 必見

『マリッジ・ストーリー』評価 ★★★★★ excellent! 必見 総評 ある夫婦の離婚劇を過剰なまでにリアルに描かれる 夫婦の愛が変わり、家族が壊れる様はとても切ない   鑑賞理由   公開、配信された当初は ある夫婦の離婚劇というストーリーに 今さら?と地味な印象をおぼえ 特に観たい気はしませんでした。 ただ、夫婦を演じる俳優たちが 単純に面白いかけわせで、 キャストにお金をかけている印象。 さすがNetflixオリジナル作品です。 特に夫役を演じたアダム・ドライヴァーは 時の人 ...

2020/4/21

『i-新聞記者ドキュメント-』感想|評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

『i-新聞記者ドキュメント-』評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり 総評 メディアの今の在り方、そして今の日本が ある女性新聞記者の姿からあぶりだされる   鑑賞理由   映画「新聞記者」を観ていた。 その作品のモデルとなった新聞記者の ドキュメンタリーと聞いて、 興味がわいた。 何より、監督が あの森達也氏である。 彼は、ここ最近、 独特な手法で 観客を当惑させている。 『FAKE』は、まさに 作風、構造自体を テーマと同化させ、 観客に挑戦的だ。 今、ドキュメンタリ ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5