mishima_toudai

★★★★★ excellent! ドキュメンタリー 映画レビュー 邦画

ドキュメンタリー『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』感想|評価 ★★★★★ exellent 必見

 

総評

 

評価★★★★★ exellent 必見

 

50年前、激動の時代に生きた人間の「熱さ」がビンビンと伝わってくる。
否が応でも三島由紀夫の魅力に圧倒される108分!

 

感想

 

三島由紀夫、という人間力に圧倒される。

 

血気盛んな東大全共闘1000人を前に論戦を繰り広げる、という前代未聞の設定だけでもしびれてしまった。

 

当時の想定できない理解不可能な言葉の応酬と熱気。そして彼らの表情が、より生々しさを増す。理解にくるしむ論戦・論破に、ただただ、熱だけを感じ魅入らされるのだ。

 

稀にみる不思議な感覚に襲われる…

 

学生という若さゆえの頭からなじるような言葉や態度に対してユーモアと優しさをもって紳士に対応する三島由紀夫がなんと魅力的だろう。

 

彼の思想がどうであれ、その人間力にひきこまれてしまう。ああいう人こそが、カリスマ、と呼ばれるにふさわしくホンモノなんだ…、と。

 

本作は、結局、彼の人間性が前面に出され、存分に味わう映画になっている。

 

彼の言葉を理解しようとして苦戦し、どうすることもできない自分が、映像から語りかけてくる彼を前に、いかに陳腐か味わされてしまう。

 

ただ、彼の「天皇」という言葉にひそむ、学徒出陣し命をおとした同年代の若者を憂う"生き残り”である自分、という彼の一面を垣間見た。

 

だからこそ『言葉だけでなく行動に移すこと』を強く重んじ実行した、ことが理解できた。

 

 

作品情報:

上映時間 108分
製作国 日本
公開情報 ギャガ
初公開日: 2020/03/20
監督 豊島圭介
企画プロデュース 平野隆
出演 三島由紀夫  芥正彦  木村修
公式サイト:https://gaga.ne.jp/mishimatodai/
Youtubeで予告を観る:


  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★★★ excellent!, ドキュメンタリー, 映画レビュー, 邦画
-,

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5