小津安二郎

2020/7/14

『秋刀魚の味』(1962) 小津安二郎監督 遺作 "人生の哀愁”が笠智衆でしみじみと味わい深い

  小津作品定番の"昭和の家族像と人生の切なさと”   こんな人におすすめ   ・小津作品定番、妻を先立たれた男が一人娘を嫁に出すまでの、人生の喜びと悲しみ、老いと孤独を描く。   ・笠智衆だからこそ、人間性からにじみ出る優しさと味わい深い父親像になっている →その演技は秀悦(監督の完璧なまでに計算づくされた演出と構造美が生きている ※以下の番外編映像を参照)   ・1962年(昭和37年)当時の日本。独特の空気感を存分に味わえる   ・戦争の面 ...

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5