★★★★☆ very good! ドキュメンタリー 映画レビュー 邦画

ドキュメンタリー『さよならテレビ』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★☆ very good!

ドキュメンタリー『さよならテレビ』感想(ネタばれ)|評価 ★★★★☆ very good!

総評 ”製作側が自社社員”という縛りと核心を
ついているようでついてないところが芯をつき唸らせる

鑑賞理由

 

ドキュメンタリーに定評のある東海テレビが

自分たちにカメラを向けるという

斬新さと勇気に

どんな映像が撮れたのか

純粋に楽しみにしていました。

そこへ初日から映画館が満員という朗報に

押されるようにポレポレ東中野へ

観に行きました。

 

感想

 

自社の報道部に目を向けて、

かつてメディアの頂点として

栄えていた、テレビの現場で

今、何が起こっているのかを

映し出そうとする姿勢と勇気は買います。

作品としては、正社員はそこそこで

非正規社員に焦点を当てているところに

上っ面な表面だけしか描けない限界が

露呈され、つまらない。

撮っている本人たちが

作品の舞台の会社に所属する正社員だからか?!

観てる側に

そのジレンマが色濃く見えてしまい

がっかり・・・

しかしーー、

時間が経つにつれ

そこが、本作の面白いところであり、

その限界こそが今のテレビの本質を

ついているのかもしれないことに

気づきました。

作品では自分たちを暴くと

息まいてましたが

その程度しか映せないのか、と憤ります

が、

そのつまらなさ自体が

実は、今のテレビの本質を見事に表している、

と気づくと

評価の高い作品になりました。

上映時間 109分

製作国 日本(2019)

公開情報 劇場公開(東海テレビ)

監督  土方宏史

製作  阿武野勝彦

公式サイト:https://sayonara-tv.jp/

Youtubeで予告を観る:

  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★★☆ very good!, ドキュメンタリー, 映画レビュー, 邦画

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5