★★★☆☆ good! 恋愛 映画レビュー

『Red』感想(ネタばれ)|評価 ★★★☆☆ Good

総評

他人ごと、としては大げさ!たかが不倫!!
自分ごと、としては自分に嘘はつけない、その代償はでかい

 

映画の背景

 

直木賞作家・島本理生が原作、

「幼な子われらに生まれ」や

「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子監督。

主な作り手が女性であることが

この映画の特徴。

 

キャスティング

 

なぜ、この主人公が夏帆なのかーーーー。

そこが一番の疑問点。

幸が薄そう、だからか。

劇中、柄本佑演じる会社の同僚が

正確には覚えてないが、

彼女には孤独がただよう、と言う。

それは、

恋人の鞍田も同じで、ふたりは似ている、と。

それにしても

どこか惹かれる美しさ、

孤高の美、みたいなのが

感じられなかった。

 

感想

 

監督の、生きることの

真摯さがうかがえる。

自分に正直に生きる、と言えば

聞こえはいいけれど

結局は、

この主人公に限って言えば

無責任でカッコ悪い。

昔の恋人との再会を機に

導かれるように

本心が呼び覚まされてゆく、

どうしても抑えきれない

自分の本当の気持ちを知る。

不倫だろうが、

子供がいようが

日常が平和で

お金持ちで安泰だろうが

どうでもいい。

そこを観客に共感させるため

この二人の愛がどれだけ

深いか…

まあ、ぬればのシーンが

激しいこと。

でも、シーンとして必要で

素晴らしかった。

これでもか、というぐらい濃厚。

求めあう二人、

この二人には

この相手しかいないと思わせる。

下品かもしれないけれど

本番さながらと言っても

過言ではない!

俳優さんとして

よく演じきったとしか

言いようがありません。

ここは役者の覚悟と力量、

そして

監督がいどんだ演出に感服。

 

聞き分けのいい奥さんを

ずっと演じてきた主人公。

自分を抑えていれば

平和にことが進む…。

客観的にみると

この主人公は

そもそも、

女として、本能的に

調子のよさがあったように

感じます。

 

作品情報:

123分
初公開日: 2020/02/21 公開情報:日活 映倫:R15+

上映時間 123分
製作国 日本(2020年製作)
配給 日活
日本初公開日: 2020/02/21
監督 三島有紀子
脚本 池田千尋、三島有紀子
音楽 田中拓人
原作 島本理生『Red』(中公文庫)
出演 夏帆  妻夫木聡  柄本佑 間宮祥太朗 片岡礼子
公式サイト https://redmovie.jp/
Youtubeで予告を観る

  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★☆☆ good!, 恋愛, 映画レビュー
-,

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5