★★★☆☆ good! ドラマ 映画レビュー 邦画

深田晃司監督×筒井真理子主演『よこがお』感想|評価 ★★★☆☆ Good!(ネタばれ) 

深田晃司監督×筒井真理子主演『よこがお』評価 ★★★☆☆ Good!

総評 善人の復讐劇を、深田晃司監督がどう描くのかが見どころ。
人間であれば誰しもが持つ闇や孤独の物語。

 

鑑賞理由

 

深田晃司監督の「歓待」を観た時の衝撃と

監督としての才能に魅せられて以来、

彼の作品には注目しています。

本作は、映画『淵に立つ』のヒロインである、

筒井真理子氏が、主役を務めます。

恥ずかしながら映画『淵に立つ』まで、

彼女の存在を知りませんでした。

本作は、監督が彼女の、よこがお、に魅せられ、

彼女ありきの企画で、始まった、とのこと。

どんな映画になったのか、

とても興味がありました。

 

映画の背景

 

正直、主演の筒井真理子氏は、地味な顔立ちです。

あくまで主観になりますが、

画面でも、実際お会いしても、その印象は変わりません。

だからこそ、深田監督の信望者としては、

女優と監督の相性や二人の信頼性の高さに

興味がそそられました。

善人から復讐する人物へ変貌を遂げる物語を

監督が彼女にインスピレーションした、という事実に

作品自体のストーリーが始まっています。

 

キャスティング

 

個性が強く、クセのある、

別の言い方をすると

存在感のある俳優さんたちを

脇にかためています。

キーとなるのは、何と言っても

市川実日子氏です。

とにかく彼女は容姿だけで、インパクトがあり

画面に映えます。

無言、無表情でも、独特の雰囲気を醸し出します。

そこが妙に魅力的です。

 

感想

 

あることをきっかけに善人が悪人に豹変する、

という話自体は

それなりに王道として語りつくされています。

そこを深田監督がどう演出し、

どう結末にもっていくか、が

ある種、見どころになっていました。

時系列が、往ったり来たり、と

少々分かりにくいところ、があります。

編集も監督が担当しているので

そこに、演出の重点を置いていたようにも

うかがえます。

結末の、緊張感あるシーンは

ヤマ場であり、

そこから主人公がとる行動に潜む心理描写を

非常に映画らしい演出でまとめあげ、

うならせました。

ただ、そのシーンは感動的とまでは

いきません。

間、余韻を与え

どう受け止めるかを

観ている者にゆだねられていました。

 

作品情報:

上映時間 111分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
監督 深田晃司監督
製作  堀内大示 三宅容介
出演  筒井真理子 市川実日子 池松壮亮 須藤蓮 小川未祐
公式サイト:https://yokogao-movie.jp/
Youtubeで予告を観る:


  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★☆☆ good!, ドラマ, 映画レビュー, 邦画
-,

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5