★★★★☆ very good! ドラマ 実話 映画レビュー 洋画

『ファースト・マン』感想|評価★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

『ファースト・マン』感想|評価★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

総評 初の月面着陸に成功したニール・アームストロングの人物像に限りになく近づき
そして限りになくリアルに体感できる

 

鑑賞理由

 

俳優のライアン・ゴズリングと監督のデイミアン・チャゼルといえば

あのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」で

第89回アカデミー賞を総なめにした作品です。

主演男優賞、主演女優賞、監督賞、作品賞、作曲賞…

とにかく、史上最多ノミネート数。

その作品と同じ俳優、同じ監督がまたタックルを組んで

本作が作られました。

もはや見ない理由がないですよね。

 

キャスティング

 

主演のライアン・ゴズリングは

あのひょうひょうとした表情により独特の雰囲気を

醸し出しています。

表情があるようでないような、

何を考えているのか分かりにくいところが、

アームストロング役にマッチしているようでした。

実質、彼の役作りは、全身全霊をかけてのぞんでおり

現場の誰もが認めるぐらい相当なものだったようです。

 

感想

 

本作は、オリジナルストーリーではなく、原作があります。

ジェイムズ・R・ハンセン著
『ファースト・マン 上: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生』

 

 

ニール・アームストロングは、インタビューにはめったに応じず、

私生活については一切語らないことでも有名でした。

原作者は宇宙史の専門家であり教育家。

原作者は、ニールとのインタビューを何度も成し遂げた異例の存在でした。

そのことも許可がおりた大きな要因のひとつだったかもしれませんが

原作を書くにあたり、ニール・アームストロングから許可を得るまで

約2年の歳月がかかっています。

 

映画化の話は、「ラ・ラ・ランド」製作前からあり

デミアン監督は「ラ・ラ・ランド」プリプロの段階で、監督を承諾したとのこと。

デミアン監督とライアン・ゴズリング主演というこのタッグは

「ラ・ラ・ランド」がヒットする前から決まっていたことになります。

これは製作側からすると非常に興味深いです。

「ラ・ラ・ランド」が世界的な大ヒットをとばし、

アカデミー賞を総なめにしたこの二人が、

本作で再度タッグを組む形になるわけですから

宣伝は、とてもやりやすかったかもしれません。

デミアンもライアンも、連続して作品を撮るとは

2人の相性はかなりよく

信頼しあっているのでしょう。

 

本作は、月面着陸の偉業を成し遂げたニールの人物像を描いています。

ニールの内面にせまり、映像から、まるで

彼と同じ体験をしているような錯覚に陥ります。

テストパイロットとして狭い宇宙船の中に閉じ込められ

命がけの飛行にいどむニールを体感できます。

それは「テストパイロット」という非常に命がけの仕事であり

過酷極まりなく、孤独で葛藤の連続です。

実際、月面着陸成功まで、何人もの仲間が命をおとしています。

華々しい月面着陸の裏には、悲惨な真実があることを

ニールという人物を通して知ることができます。

 

作品情報:

『ファーストマン』(2018年製作)
配給 東宝東和
尺 141分
アメリカ映画
監督 デイミアン・チャゼル
製作  ウィク・ゴッドフリー /マーティ・ボーウェン /アイザック・クラウスナー /デイミアン・チャゼル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ /アダム・メリムズ /ジョシュ・シンガー
原作 ジェイムズ・R・ハンセン 『ファーストマン』
脚本 ジョシュ・シンガー
出演 ライアン・ゴズリング

公式サイト https://www.firstman.jp/

You tubeで予告を観る https://youtu.be/nFhzZKvaPXs

ネット配信ですぐ見れます!

●U-NEXT

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信。(2019 年 7 月時点)

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★★☆ very good!, ドラマ, 実話, 映画レビュー, 洋画

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5