★★★★☆ very good! コメディ ドラマ 映画レビュー 洋画

韓国映画「パラサイト 半地下の家族」感想 (ネタばれギリギリ)|評価 ★★★★☆Very Good! 観る価値あり

『パラサイト 半地下の家族』評価 ★★★★☆ Very Good! 観る価値あり

総評 格差社会の漫画のような風刺に笑った先から
ぞっとする風景が見えてくる

祝!第92回 アカデミー賞©(2020年)作品賞、監督賞、脚本賞、外国映画賞、受賞
ハリウッド映画の賞レースが、とうとう外国映画、
それもアジア映画に最高賞を贈ったことに、拍手を心から贈ります。

鑑賞理由

 

2019年5月、カンヌ国際映画祭パルムドールを

韓国映画が初めて輝くという知らせに

衝撃が走ったと同時に心が躍った!

アジア勢が2年連続で最高賞の

パルムドール獲得は快挙であり、

アジアンとしては誇らしい。

監督のポン・ジュノは、世界的にも

是枝監督と肩を並べるぐらいに有名だ。

パルムドール受賞もおかしくない。

是枝監督と比べて作風は痛烈で

それゆえに衝撃的な描写が多い。

映画らしい映画だ。

だからハリウッド向きで喜ばれる。

本作はパルムドールを受賞したことで

作家性に太鼓判が押された!

衝撃作だけにとどまらない、

“今、意味のある”作品に違いないと

期待値が上がる。

 

映画の背景

 

格差社会にジタバタする人間模様ーー

漫画のようなタッチで

描かれているため

半地下の生活ぶりや彼らの会話に

おもわず吹き出してしまう・・・

しかし、この″半地下生活”は

現在の韓国では、

架空のお話ではすまない。

この半地下生活を送る人々、

いや、送らざるを得ない人々が

シャレにならないほどいるらしい…

彼らの会話も

耳を疑うほど卑しく、そして

あっけらかんとあからさまだ。

そんな半地下生活の人々が

大金持ち一家を徐々にのっとる話と聞けば

人間誰しも、それなりに

嬉々として興味がわくはず…

お金に振り回される人間ならではの

このダークな面を

観る前から我々に突きつけるのも、

ある種、愉快で引きつけられる。

 

感想

 

格差社会に生きる我々の行く末は

きっと漫画より陳腐なんだろう。

お金に振り回される人間に

何が残されているのだろう。

何を求め、

どこに向かっていけば、

人間らしく胸張って

生きていけるのか…

「人間らしく」とは何か…

結局、答えは見つからない。

見つからないまま

幻想を追って生きていくことこそが

答えかもしれない。

映画のラスト、

あなたなら「生きる」意味に

どんな答えを見るだろう。

 

作品情報:

上映時間 132分

製作国 韓国(2019年製作)

公開情報 劇場公開(ビターズ・エンド)

監督 ポン・ジュノ

出演 ソン・ガンホ  イ・ソンギュン   チョ・ヨジョン

公式サイト:http://www.parasite-mv.jp/

Youtubeで予告を観る:

ポン・ジュノ監督の過去作品がUNEXTでは見放題

『吠える犬は噛まない』、彼の最高傑作と言われる『殺人の追憶』、絶対おすすめの『母なる証明』など

●U-NEXT

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信。(2019 年 7 月時点)

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
 

 

  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★★☆ very good!, コメディ, ドラマ, 映画レビュー, 洋画

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5