★★★★★ excellent! サスペンス ドラマ 映画レビュー 洋画

『THE GUILTY/ギルティ』感想|★★★★★ excellent! 必見

評価 ★★★★★ excellent! 必見

総評:ワンシチュエーションという新しいくくりで
映画を撮り切った新しい才能に拍手

 

鑑賞理由

 

映画関係者の方から薦められました。
「非常に低予算で作られている、脚本も素晴らしく成功している、
何より、音だけでストーリーが進むので、映画館で観たほうがいい」

 

映画館の様子

 

新宿武蔵野館にて、3月14日(レディースデイ)、16:30~の回。
定員約80名のミニシアター、ほぼ満員でした。
おそらく、映画好きの方々なのでしょう。
老若男女のお客さんでした。

 

映画の背景

 

1988年スウェーデン生まれの、
グスタフ・モーラー監督の長編デビュー作。
新しい才能として今後も注目されることでしょう。

彼は本作の脚本も手掛けています。

そして巷でにぎわしているニュースとしては
「早くもハリウッドでのリメイク」が決定したそうです。
主役は、ジェイク・ギレンホールだとか。
彼の会社でリメイク権を取得したようです。

 

キャスティング

 

登場人物は主人公の警察官だけ。
デンマーク映画のため、日本では
顔の知られた俳優さんではありません。
言葉もデンマーク語なので耳慣れません。
それがかえって、顔も言葉も新鮮に映ります。

 

感想


「世界の映画祭の観客賞を総なめ」
という触れ込み通り、
奇抜さが群を抜いていて、とても面白かったです。
驚きだけでなく映画特有のエンターテイメント性、
次の展開が読めないワクワク感も楽しめて
★は5つとなりました。

舞台は警察緊急指令室のみ。
オペレーターである警察官と緊急を要する相手との
やりとりだけでストーリーが進みます。

新たなくくりなのか、
まさに“ワンシチュエーション映画”です。
あの「カメラを止めるな」も同じワンシチュエーションもの。
同時期に作られていたのは、面白い偶然です。
クリエーターの発想は、波動となって、
伝染するのでしょうか…

ワンシチュエーションだけに
その演出力とアイデアがとても光っています。
まさに監督の新しいことに挑む姿勢がうかがえます。

映画は人間模様/ドラマを描いているので
脚本さえしっかりしていれば
低予算でも非常に面白いものができることを
この映画は証明しています。

そういう意味でも
とても意味のある映画でした。

必見です。

作品情報:

『THE GUILTY/ギルティ』(2018年製作)

上映時間 88分
デンマーク映画
監督 グスタフ・モーラー
脚本  グスタフ・モーラー /エミール・ニゴー・アルバートセン
出演 ヤコブ・セーダーグレン
配給 ファントム・フィルム

公式サイト:https://guilty-movie.jp/
Youtubeで予告を観る:https://youtu.be/y00KZLZZ8qw

  • この記事を書いた人

Cineカエル

映画好きが高じて、映画業界を渡り歩いています。 自分が拾った映画にまつわる情報を「映画レビュー」、「動画配信」、「映画祭」、「映画を作る」という観点でまとめていきます。

-★★★★★ excellent!, サスペンス, ドラマ, 映画レビュー, 洋画

© 2020 Cineカエル Powered by AFFINGER5